基本性能

家族が楽しく暮らす家だから住まいの安全について徹底的にこだわりました。

長期優良住宅標準対応

長期優良住宅とは、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成21年6月4日施行)に規定する長期にわたり良好な状態で使用するための措置が構造及び設備について講じられた優良な住宅のことをいいます。
簡単に言うと、「いい家をつくって、ちゃんと手入れして、ずっとその家に住もう」ということです。
法律の制定により、一定以上の住宅性能を確保し、維持保全に関する計画作成をすることで、「長期優良住宅として国から認定(別途申請費用がかかります)を受けることができます。
認定を受けた建物に対しては、税制面で様々な優遇措置が設けられています。

長期優良住宅の認定基準に対応

ココスムのお家は全棟標準で、長期優良住宅認定に対応しています。
新築木造一戸建て住宅の場合、長期優良住宅の認定には、次の7つの基準があります。

税の特例措置が受けられる!

住宅ローンを利用して住宅を新築又は購入した場合、「住宅借入金等特別控除」の適用を受けることができます。
「長期優良住宅」を新築又は購入した場合は、一般の住宅と比較して所得税の控除額が大きくなります。

※画像拡大で詳細をご覧いただけます。

耐震等級3

大地震時の被害を軽微にするためには耐震等級3が有効。

耐震等級とは……

国が定める住宅性能表示制度により、建築物がどの程度の地震に耐えられるかを示す等級です。
耐震等級は、建築基準法(2000年基準)の耐震基準相当で「等級1」、その1.25倍なら「等級2」、その1.5倍なら「等級3」の3つの性能レベルが設定されています。
建築基準法レベルの等級1では、極めて希に発生する大規模の地震動に対して、倒壊・崩壊はしないことを求めるものの損傷する可能性はあるため、被害を軽微とするためには、熊本地震の被害状況を踏まえ、耐震等級3とすることが有効と考えられます。

■熊本地震における木造住宅の建築時期別の損傷比率(建築学会によって実施された益城町中心部における恣皆調査より(画像を拡大してご覧ください)。



省令準耐火構造

省令準耐火構造とは

1.隣家などから火をもらわない
2.火災が発生しても部屋から火を出さない
3.万が一部屋から日が出ても炎症を遅らせる

3つの考えに基づいた対策が施され、万が一の火災時にも避難時間を十分に確保できる性能を持っていると公的に認められた構造のことです。

省令準耐火構造のメリット

1.家事に強い木造住宅が建てられる!
2.火災保険料と地震保険料が安くなる!

BELS

住宅も「燃費」で選ぶ時代に!国が推進する省エネ表示制度の最高評価が標準!

建築物省エネルギー性能表示制度のご案内

BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)とは、住宅・建築物の省エネルギー性能を評価・表示する第三者認定制度です。

省エネルギー性能に特化したシンプルな公的制度です。BELS評価による住宅・建築物の省エネルギー性能の見える化を通じて、性能の優れた住宅・建築物が市場で適切に評価され、選ばれるような環境整備が期待されています。

窓の大きさや数、太陽光発電システムの有無など、条件によっては☆4になる場合もございます。

BELSは簡単に説明すると、車でいう「燃費」を表すもので、住宅も「燃費」で選ぶ時代になったと言えます。

一次エネルギー消費量とは、照明、換気、給湯、冷房、暖房の5つの設備機器のエネルギーを熱量菅さんした合計の値のことです。
BELS☆☆☆☆☆のお家では、この一次エネルギー消費量を「断熱強化+設備強化」をすることにより、およそ80GJ/年→60年GJ/年にまで削減することが出来ます。
これは水道光熱費で考えると、年間約7万円程。なんと35年間での差は、およそ200万円以上にもなります。※

※全国一世帯(4人家族)平均の水道光熱費を参考にした算出シミュレーションです。水道光熱費の削減額をお約束するものではありません。