トップへ ->  アネストってどんな会社?  >  活動履歴

アネストの活動


活動履歴

アネストの様々な活動がメディアに掲載されています。
ここでは、その一部をご紹介いたします。


2016/5/8(日):今年もHONEST駐車場にてチャリティーバザーを開催しました!

例年、義援金は東日本大震災の津波遺児の支援に充てていましたが、今年4月の熊本地震を受け、今回義援金は東北と熊本双方に送る事に致しました。
今年は「DIYコーナー」を設け、地元大工が余った建築資材を使って本棚やちょっとした木工品を作ってくれました。
また、青梅の人気ラーメン店「いつ樹」が飲食コーナーに出店し、当日限定の熊本ラーメンを作ってくださいました。

くまもんの募金箱を持っているとみなさんから進んで募金をしてくださり、最終的にはバザーやDIYコーナー、飲食ブースの売り上げから総額348,263円の義援金を集める事ができました。

また来年も、地域の皆様と被災地への支援を続けていきたいと考えております。


■活動風景




2015/4/19(日):毎年恒例となったチャリティーバザーを今年も開催しました。

東日本大震災の津波で親を失った子供たちの支援を目的としたこのイベントも今年で5回目、
天候にも恵まれ地元大工による包丁研ぎや木工教室は例年以上ににぎわっていました。
今年の目玉として、抽選1名に「ハイブリッドガス給湯器ECO ONE」70万円相当が2015円の破格で出品され、
沢山のご応募がありました
今年は総来場者数676人、総額243,232円の寄付金が集まりました。
ご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。


■活動風景




2014/4/20(日):今年も東日本大震災被災地支援のチャリティーバザーを開催しました。

来場者総数は過去最高の895人、集まった寄付金総額は270,879円となりました。
今年で5回目となるチャリティーバザーは毎年恒例のイベントとして地域の方にも定着してきたようで、
毎年4月になるとお問い合わせのお電話もたくさんいただきます。
HONESTの協力業者、OB様、そして地域の皆様のご協力のもと、
東北の被災地へ長期的な支援を私たちはこれからも続けていきます。


■活動風景





■ 第4回チャリティーバザー 開催しました!

H25年4月21日、今年で4回目となったチャリティーバザーを開催しました!
残念ながら午前中からの雨で冬に戻ったような気温でした。
そんな悪天候にも関わらず、724名ものご来場がありました。
メインのバザー会場も開始前から長蛇の列ができ、たくさんあった商品も
午前中にはほとんど売れてしまいました!
バザー会場の横では、アネストの大工たちが巣箱制作の木工教室、 包丁研ぎをしてくれました。

今回の収益の344,936円は全額、あしなが育英会に寄付し東日本大震災の津波で
親を失った子供たちの支援とさせていただきます。
被災地の復興にはまだ長い時間とたくさんの支援が必要です。
私たちアネストは、地域の皆様と一緒に、長期的で無理のない支援を
これからもずっと続けていきます。


■ 開催風景



■2013年度 安全衛生協議会を開催しました


2013年3月、下請協力会「和楽会」の安全衛生協議会を開催しました。
毎年春に行うこの安全大会ですが、日ごろ現場で作業にあたる職人たちに、
改めて安全意識を持ってもらうように、事故事例のDVDを上映しました。
職長だけではなく現場に入る末端の職人まで、
およそ100名近くが真剣に話を聞いていました。






■ カンボジアの子供たちに『心に太陽を』と名前を付けた学校を寄付致しました。


私たちアネストでは、お客様のお宅を1棟完成するたびに積み立てきた『幸せのおすそわけ』というお金を使わせていただき、「安くていい家をつくる会」のメンバーと協力をして、「子育て世代を応援する」という理念のもと、カンボジアの子供たちに 『心に太陽を』と名前を付けた学校を寄付致しました。


▲ 実際に私たちが建てた校舎です




ご存知かもしれませんが、ポルポト政権の大静粛の傷跡が癒えないカンボジアでは、子供の数に対して圧倒的に学校が足りずに、校舎を建てる予算もままならないというのが現状です。

しかし、現地で案内をしてくれたJHP(カンボジアに学校をつくるNPO法人)の方から聞かされたのは意外な事実でした。


▲ 子供たちも喜んでくれたみたいです




校舎ができても、カンボジアのすべての子供が教育を受けられる訳ではありません。学校に通うための靴や洋服、授業で使う文房具を買うお金が無くて、学校に通えない子供もまだまだ多いのです・・・。』という実情です。

『校舎』という大きな物をプレゼントするのは、寄付を行う側から見れば見栄えも良く実際に感謝もされますが、それだけでは「子供たちに学ぶ機会をプレゼントする」という目的は達成されていないことを知りました。


▲ 筆記具なども寄付しました




マイホームを持てるお施主様は幸せ、お施主様の喜ぶ顔が見られる私たちも幸せ、この「幸せのおすそわけ」を恵まれない人々と分かち合いたい。

国は違えど将来を担う子供たちのために、子育て世代の応援を掲げる当社としては今後も続けていきたいと思います。

マイホームが実現したお施主様も、自分たちの家づくりが世界の恵まれない人たちに役立っていることを誇りに思って下さるはずだと思います。


▲ カンボジア政府から頂いた賞状です



■ 2012年 チャリティーバザーを開催しました!

チャリティバザー

2012年4月15日(日)に開催いたしましたチャリティーバザーにおいて、
41万5,032円の寄付金が集まりました。

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
今回のチャリティーバザーで皆様のご協力により集まった義援金は、
あしなが育英会を通じて東北の震災で被災された子供たちのために送りたいと思います。

■ 開催風景



■ 安全衛生協議会開催!

案税衛生協議会

アネストでは、作業中の事故を無くすために独自に労働災害防止の協議会を開いています。

協議会には、弊社の下請け会社を含む協賛企業の約50社を集め、労働災害防止規定について改めて学んでいただいたり、事故事例のDVDを見ていただき、作業中にどうすれば事故が起きないようになるのかをグループに分かれて討議をしたりしています。

事故は作業をする人をはじめ、弊社、ひいてはお施主様にとっても喜ばしくない出来事です。
アネストでは、労働災害防止の活動として、今後も毎年開催していきます。

■ 開催風景


アネストってどんな会社? 〜コンテンツ一覧〜

  • 大切にしている価値
  • メディア掲載
  • 活動履歴
  • 建築可能エリア
  • お客様への誓い

無料お見積り・プラン相談・資料請求

無料お見積り、プラン相談、資料請求


〒205-0001 東京都羽村市小作台3-20-2 TEL:042-554-0640 FAX:042-554-0641 | Copyright © 2012 HONEST, All Right Reserved.